インプラント治療や審美歯科治療についての情報をご提供するサイトです
 
 
 
 




インプラント治療が失敗しないようにするには、守らなければならない
ことがいくつかあります。それらを守らずに、基本を無視したインプラント
治療を行うと失敗する可能性あります。インプラント治療はそれほど失敗
が起こるものではありませんが、失敗が起こった場合には、
治療をする側(歯科医)、受ける側(患者)それぞれにその原因があります

  ・歯科医の責任  
 
あってはならないことですが、まず歯科医の診断力や技術の未熟が考えられます。例えば、残っている天然歯の歯周治療を見過ごしたり、放置したまま治療にとりかかったり、あるいは営利主義に走り、患者に十分な説明をしない、また、それらが原因で治療がスムーズにすすまないなどは、すべて歯科医の責任といえるでしょう。

インプラント治療の流れに沿ってみると、
○外科手術(埋入ならびに頭出し手術)では…埋入時の発熱や感染、初期固定の不足、設計ミス(インプラントの埋入位置や方向、長さ、本数の不適切)など

○上部構造製作では…上部構造の不適合、ネジ締め力の不足、上部構造が清掃しにくい形をしているなどの設計ミス、噛み合わせ調整の不十分など

○メインテナンスでは…メインテナンスの必要性を十分に説明していない、適切なブラッシングや定期検診を行わないなど

 
     
  ・患者さんの責任  
 

清掃の不良は患者さんの責任と言っても過言ではありません。清掃をしないほか、定期検診を受けない、喫煙量を減らさないなど、歯科医との約束事項を守らないとインプラント治療が失敗する原因になってしまいます。

 
     




・ 助手・衛生士の対応が良いこと
・ 衛生管理をしっかりしている医院
・ カウンセリングをしっかりしてくれる
・ 患者さんとしっかりコミュニケーションをとってくれる医院
・ 治療計画をしっかり立案してくれる
・ セカンドオピニオンを抵抗なく受け入れてくれる医院
・ 治療費の詳細を伝えてくれる
・ インプラント治療の経験が豊富なドクター
・ 担当医の先生が学会・スタディーグループ・海外研修に頻繁に参加・公演などをし、インプラント治療に対し日々研鑽を積んでいること
・ 治療後のメインテナンスをしっかりしている医院
・ 患者さん自身も正しいブラッシング、定期検診、喫煙量を減らす(本当は禁煙が望ましい)ことなどを守ること

インプラント治療は全世界で数百万人の方々が受ける治療になり、近年の技術の進歩で特殊な治療ではなくなりつつあります。しかし、少なからず経済的(保険適用外)や身体的、精神的な負担が掛かってしまうことは事実です。インプラント治療をする際の一番のポイントは経験豊富なドクター、信頼できるドクターとしっかり話し合いコミュニケーションを取れた状態で納得した上で、治療をすすめることが重要です。

 
 
 ・インプラント治療のメニューはこちら↓
 
     
 
 
 
   
 
 
   
 
 
 
■監修医院   中田歯科インプラントセンタ ー    住所:〒 615-8072 京都府京都市西京区桂木ノ下町 31-2
TEL : 0120-86-7171 / 075-393-6655 FAX : 075-393-0717   最寄り駅:阪急電車 桂駅より徒歩 5 分/市バス・京都バス 桂消防署前下車すぐ
診療内容:一般歯科、小児歯科、予防歯科、インプラント治療、矯正歯科、審美歯科、口腔外科、ホワイトニング、無痛治療
Copyright 2006 Nakata Dental Clinic. All Rights Reserved.